美肌のために第一歩。クレンジングの種類と特徴をおさらい!

スポンサーリンク

突然ですが、あなたの使っているクレンジングはどんなタイプですか?
沢山種類もあるし、何が自分の肌に合っているのかなぁって悩んでいませんか?

クレンジングは基本的にはメイクの濃さ・薄さと肌質の両面で選ぶことが大切ですが、
値段や口コミ、なんとなく目についた、ずっと使っているから…
で選んでいらっしゃる方も多いかと思います。

美肌になるためには、まずは落とすことが肝心。
どんな種類があるのか、どんな特徴があるのかをご紹介しますね!

クレンジングの種類と特徴

オイルタイプ

一時期大流行したオイルタイプのクレンジング。
肌なじみがよく、落ちにくいメイクもすばやく落とす、高い洗浄力が特徴です。

ただ、洗浄力が強すぎる=肌への負担はかなりのもの。
安価な商品だとオイルの質も悪く、洗い流してもぬるぬるする、べたつく、となり
結局ダブル洗顔をしなければさっぱりしない、ということもよくあります。

ダブル洗顔をすることで、肌の汚れのみならず、大事な潤いも一緒に落としてしまい
余計肌荒れの原因になってしまうことも。

利用するときには、しっかり「乳化」させることがポイントです。
クレンジングオイルを水にぬらすと白く濁りますよね。
この状態が一番汚れを落とせる状態なんです。
利用するときは乾いた手でメイクにオイルを馴染ませます。
しっかり馴染んだら手をすすいで濡らした状態でさらにメイクに馴染ませます。
その後ぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

ローションタイプ

コットンに含ませてふき取るタイプのクレンジングです。
時間のない時、疲れているときに手軽にできる方法ですね。

ひたひたになるまでローションをコットンに含ませて、メイクをふき取るだけ。
簡単なメイクであれば、これだけでスピーディーにすっぴんに戻れます。

ローション自体は肌にやさしい成分で作られていることが殆どですが
ふき取るときに心配だからとゴシゴシ擦ってしまうと、肌に負担となり
色素沈着の原因になってしまいますので、やさしく、を心掛けてください。

シートタイプ

ローションタイプと同様に、クレンジングローションがもう染み込んでいるシートで
肌をふき取るものです。
ボトルからローションをコットンに出す、という手間すら省けちゃいますね。

また、リップやマスカラなどのポイントメイクのクレンジング用に使ってる!という方も
多くいらっしゃるようですね。

このタイプも同様に、ゴシゴシ擦ってしまうと、肌には負担になってしまいます。
使用するときにはとにかくやさしく、を心掛けてくださいね。

クリームタイプ

クレンジングクリームは、脂性肌や乾燥肌、敏感肌など、肌の特性にかかわらず、
広く一般的に用いることができるクレンジングです。

しかし肌に優しいつくりのため、洗浄力の観点で言えば、
若干物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

アイメイク等を重点的にされる方であれば、最初にポイントメイクリムーバーなどで
しっかり落としてからクリームで全体のメイクを落とす、という方法が最適です。

ゆっくりと、やさしくマッサージをするように使うのがポイントです。

ミルクタイプ

洗浄力はやや弱めながらも、肌への負担が少ないのがこのタイプです。
メイクが薄めの方や乾燥肌、敏感肌の方におすすめです。

洗浄力が弱めなので、ゆっくりと汚れと馴染ませながら使うのがポイントです。
やさしくマッサージをするようにすると、肌もしっかりリセットできますよ。

このタイプも、ポイントメイクは先に専用リムーバーで落としてから使いましょう。

ジェルタイプ

とろりとしているので肌に伸ばしやすく、メイクに馴染ませやすいのがジェルタイプ。
肌への摩擦が軽減できるのが特徴です。
また、さっぱりした洗い上がりのものが多いです。

このタイプもポイントメイクを落とすのには不向きなものも多いため、
利用の前にはあらかじめポイントメイクリムーバーなどを使うのがポイントです。

最近はジェルなのに肌に乗せるとさっと馴染むタイプのものや、温感タイプのもの
香りがとてもいいものなど、様々なタイプが発売されているようですね。

ポイントメイクリムーバー

アイメイクやリップメイクなど、ポイントメイク専用のクレンジングです。
ベースメイクとは性質が違うポイントメイクを、しっかり落とせるクレンジングです。

ゴシゴシとアイメイクを無理やり落とそうとすると、その摩擦でメラニン色素が増え
色素沈着が起こってしまいます。
一度起こると簡単には改善しないので、注意が必要です。
また、目元の皮膚は体の中でも一番薄いので、刺激もしわの原因になってしまいます。

通常のクレンジングでは、ポイントメイクを落とすのがどうしても苦手なタイプもあるので
アイラインやマスカラなど、しっかりアイメイクをする方には必需品です。

クレンジングの使い分け

メリット、デメリットがそれぞれあるクレンジングの各タイプですが
ここは賢く使い分けするのがベストです。

しっかりメイクをした日は、オイルクレンジングでしっかりオフ
日焼け止めとフェイスパウダーで済ませた日は、さっとシートタイプでオフ

1種類だけではなく、何種類かを常備しておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加