トラブルはしっかり解決!プルプルの唇をつくるリップケア♪

スポンサーリンク

これからの時期、最大の悩みはこれかも?

北風が冷たくなってきて、どんどん気温が下がっていく晩秋。
気が付くとガサガサになっちゃったり、皮がむけて割れてしまったり…
意外と悩みの尽きないパーツが唇かもしれません。

職場の空調がきつくなればきつくなるほど、
リップクリームをこまめに塗っても、保湿力の高いエッセンスを塗ってもダメ。。。
そんなトラブルによく見舞われる私。
なんとかいい方法はないかな~ということで調べてきました!

そもそもどうして唇が荒れてしまうの?

そもそも、唇は皮膚や肌、というよりも粘膜に近いつくりをしているようで
角質層がとても薄く、皮脂が分泌されないためかなりのダメージを受けています。
普段紫外線をたっぷり浴びているのに、UVケアはせいぜいリップクリームを塗るくらい。
肌よりもコンディションが崩れやすいのだそうです。
まずは、荒れてしまう原因をしっかり把握しておきましょう!

  1. 生活が不規則で、しっかり睡眠がとれていない
  2. 唇を舐めてしまう癖がある
  3. 口呼吸をしてしまう傾向がある
  4. 刺激物を好んで食べる
  5. 野菜類、特にビタミン全般が足りない
  6. 唇に合わないリップクリームを使っている

実は、最後の「合わないリップクリームを使っている」という人が意外と多いようです。
角質層が薄いため、ダイレクトに成分が肌に染み込んでしまうそうです。
体質に合わないものを付け続けると、肌が負けてしまったりします。
また、つけっぱなしでいることも、本来であればあまりよくないそう。
リップクリームの油分や化粧成分が肌荒れの原因となるそうです。
1日の最後には、メイクと同じようにクレンジングして、しっかり落としてあげましょう。
その時は、リップ専用のクレンジングを使って、ゴシゴシ擦るのは禁物です!

唇のケアはどうしたらいいの?

daaba208157e2a0cc0ae8611a6424726_s

肌よりもデリケートな部分だということがわかったら、次はケア方法ですよね。
手持ちのリップクリームを使うのもちょっと怖いな…と感じていらっしゃる方にも
敏感肌の方にもおすすめなのがワセリンです!

唇全体にワセリンを塗り伸ばしたら、
指の腹を使ってやさしくくるくるとらせんを描きながら
マッサージしましょう♪
擦ったり、強く押し込んだりせず、
ワセリンを溶かしていくイメージでゆっくりやりましょう♪
マッサージの効果で唇の血行がよくなり、
皮膚の再生も促されます!

ワセリンには黄色ワセリンと白色ワセリンがあり、黄色ワセリンの方が安価ですが
敏感肌の方は、混ざりものが少ない白色ワセリンがおすすめです。
肌荒れや手荒れなどにも使えるので、ひとつあると本当に重宝しますよ!

また、はちみつでリップパックをするのも手軽でおすすめです♪

はちみつ自体は100円ショップで売っているのでも大丈夫ですが
できれば無添加のものが肌にもよさそうですね!
ひとつあると料理にもスキンケアにも使えます♪

唇にはちみつを塗り、上からラップで覆って10分くらい放置するだけです。
お風呂に入るときに一緒にやっても、蒸気との相乗効果でよさそうです♪
はちみつの保湿効果と栄養成分で、荒れてしまった唇もふっくらと復活していきます。

頑固な荒れには、合わせ技も!

それでもやっぱり治りが悪いな、まだなんだかガサガサするなというときは
ワセリンとはちみつを合わせたスペシャルパックをしましょう。
ワセリンとはちみつを同量混ぜ合わせ、唇に塗ってラップをするだけ。
上から蒸しタオルで温めるのもおすすめです!

赤ちゃんのようなピンクのぷるぷる唇を取り戻すために
夜長のひととき、ちょっとだけ唇にも手間をかけてみませんか?
続けると変わりますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加